借金で人生を詰んだ場合の立て直し

借金が膨らみ返済の見込みが立たず人生を詰んだと思った場合でも、法的な救済措置を利用すれば詰んだ人生の立て直しが可能です。
借金が増えすぎた場合に人生が詰んだと思えるような状態としては、借り入れた時には返済可能な収入があったものの、その後の事情で収入が減ってしまったか、まったく無くなってしまったという場合と、連帯保証人などになり返済不可能な借金が突然降りかかった場合などがあります。
働いてなんとかできる金額であれば、返済するのが義務ですが、働いてもとうてい返済できないような金額の場合には自己破産してしまうのもひとつの手段です。自己破産は裁判所に返済することができないことを訴え、それが認められれば債務の一切がチャラになるというものです。ただし、一定の資産は没収されますが、そもそも人生が詰んだというような状況では資産そのものがない状態であることが多くそれほど悪影響はありません。自己破産は個人でも行うことができるので、まったく資産がない状態であれば数万円程度で手続きを完了させることができます。
自己破産した場合のデメリットとしては官報に住所と氏名が載るため怪しげな貸金業者からの勧誘などがありますが、それ以外は信用力の必要な商品が利用できなくなるだけで、普段生活するぶんには特に問題がないとされています。